インテリアコーディネーターのお仕事とは?

空間を自分色にコーディネートできる職業

インテリアコーディネーターはどこで働いているのか

巣篭り生活がクローズアップされるなど、居心地の良い環境は、今、多くの人が求める環境となりました。
そんな居心地の良い環境に大きな影響をもたらすのがインテリアです。
お気に入りのインテリアがあれば、お家に帰るのも楽しみになります。
またお部屋で過ごす時間も快適なものになるでしょう。
インテリアはこのように私たちの生活に欠かせない存在です。
そんなインテリアの配置を仕事にしているのがインテリアコーディネーターです。
インテリアコーディネーターは、お部屋はもちろんのこと、それだけでなくオフィスレイアウト、ショップや飲食店のレイアウトなど、今や幅広いフィールドに求められる職業。
加えて多様性が求められる社会の中で、誰もが生活しやすい住空間を目指す暮らし方を計画するにも、重要な役割を果たす職業でもあります。
見た目の美しさに加えて機能美も兼ね備えた環境づくりには、よりクオリティの高いインテリアが欠かせません。
そんな重要な存在となるインテリアコーディネーターが、求められる環境は建設会社やハウスメーカーだけに留まらず、もっと広いフィールドでも必要とされています。
またこれから新しいものを作り出そうとする環境でも同じです。
このように必要性の高いインテリアコーディネーターになるためには、建築に関する基礎やインテリアに関することを学ぶ必要があります。
また新しい情報にも敏感であることが求められるなど、常にクオリティの高いセンスを磨く必要があります。
しかし様々な資格や試験を超えてインテリアコーディネーターとして認められれば、自分の自由なセンスを遺憾なく発揮し、仕事を楽しめる可能性無限大の職業でもあるのです。

これからの時代に求められる個性を発揮できる職業

インテリアコーディネーターはどこにいるのか、どんなところで働いているのか、そしてどんな仕事が求められるのかご紹介します。インテリアコーディネーターというからにはもちろんインテリアに関する環境で働いているのですが、その仕事は意外にも多岐に渡っているのです。

お部屋のコーディネートだけに留まらない

インテリアコーディネーターはお部屋だけでなく、企業の環境にも必要な存在です。ショップや飲食店などの印象を決めるのもインテリアコーディネーター。 彼らが必要とされるのには、ショップや飲食店のその後を左右するともいえる印象に大きな影響をもたらすキーパーソンだからなのです。

インテリアコーディネーターになるためには

社会から必要とされる存在のインテリアコーディネーターですが、どんなことを学べばなれる職業なのでしょう。インテリア以外にも必要となる能力についてもご紹介します。インテリアコーディネーターに憧れる方、またその職業に魅力を感じている方、興味を持っている方は、ぜひ参考にしてみてください。