空間を自分色にコーディネートできる職業

これからの時代に求められる個性を発揮できる職業

建築に関係する企業で求められる

インテリアコーディネーターは、インテリアを自分のセンスでコーディネートするお仕事です。
インテリアに関するお仕事ですので、インテリアを配置するような建物、つまり建築関連企業で多く必要とされます。
インテリアコーディネーターとして採用される率が高いのも、建築企業です。
多くの建築会社ではインテリアコーディネーターを採用していますが、それは最初からコーディネート力を発揮してもらうためだけではありません。
多くのインテリアコーディネーターとして能力を発揮してきた先輩たちから、これまでの技術や経験を学び、それらを吸収して、さらに質とクオリティの高いコーディネーターを生み出すことを求められます。
インテリアコーディネーターは、常に新しいコーディネートを求められる職業です。

ハウスメーカーでも重要な存在

インテリアコーディネーターが求められるのは、建設会社だけではありません。
新たな住環境を目指すハウスメーカーでも必要とされます。
インテリアコーディネーターというと、インテリアを想像することも多いかもしれませんが、近年では単に見た目だけに留まらず、より良い住環境のためのインテリアとして、様々な機能を求められており、そのためにインテリアコーディネーターもより幅広い必要が生じているのです。
例えば、機能的なだけではなく見た目にも素敵にみえるバリアフリー住宅のため、または地産地消にこだわり地元の木材をふんだんにそして分かりやすく使ったインテリアの配置など、インテリアコーディネーターの仕事は、インテリアの枠を超え、住環境全般へと広がっています。