空間を自分色にコーディネートできる職業

お部屋のコーディネートだけに留まらない

ショップや飲食店でも

インテリアの素敵なカフェで飲むコーヒーは、美味しく感じるものです。
コーヒーショップに配置されたインテリア、そしてその配置方法なども良いスパイスとなっているからでしょう。
また飲食店においても、店内のオシャレなインテリアによって、そこで提供された料理が何ランクもアップしているように感じることもあるものです。
照明の位置、カーテンの色、家具の印象など、ショップに陳列されたインテリアは、そのショップの印象付けに大変大きな効果を発揮します。
インテリアコーディネーターは、こうしたショップや飲食店でも、その店の印象を変化させるために重要な存在です。
大手ショップなどでは、専属のインテリアコーディネーターを配置し、支店舗ごとにインテリアを変化させるなど独自の印象付けを目指しているほどです。

モノ作りの新たな扉を開く

既存のインテリアだけはありません。
インテリアコーディネーターは新しい扉を開くキーパーソンとしても注目された職業です。
見た目だけでなく機能性も兼ね備えたインテリアは今、高い評価を得ています。
例えば、ダイニングテーブルは家族が食事をするのに必要なインテリアです。
しかし、高齢化が進んだ現代、椅子だけでなく車いすの家族も気兼ねなく使用できるとなれば、テーブルの高さを配慮しなければならないこともあります。
でも、お部屋全体の印象を悪くしたくないとも考えるなら、見た目にもこだわった昇降式のテーブルは使いやすいインテリアとなるものです。
機能美を兼ね備えたインテリアの開発には、このように見た目だけでなく使い勝手も把握したインテリアコーディネーターの存在が欠かせません。
新たなモノづくりを進めるうえでは重要な存在となりうるのです。